ブルースハープの練習!初心者が上達するには!TOP > ブルースハープの基礎知識 > ブルースハープの練習でうるさいと言われたら?

ブルースハープの練習でうるさい?防音はどうする?

 
ブルースハープがうるさい?

ブルースハープの練習で困るのが防音対策です。

どうしても、音が大きいですので、近所から「うるさい」と言われてしまいます。

だからと言って、弱く吹いても練習になりませんし、上達できません。

そこで・・・

ここでは、ブルースハープの防音対策ついて考えてみたいと思います。


具体的な防音方法について!


防音対策をする場合、いくつか方法があります。

簡単にできる方法から・・・
・近所に理解を求める!

・布団をかぶる方法!

・車の中で吹く

・カラオケやスタジオを借りる

・防音室の購入
これらが挙げられます。


近所に理解を求める!


先ず、近所に理解を求める方法を行うのもいいと思います。

もし、あなたが学生で夕方、帰宅するとするなら、両隣に「夜の6時までには音を出すを止めますから」と理解を求めるのもいいでしょう。

そうすれば、近所付き合いもよくなるかもしれません。

この場合、後でトラブルを避ける為にも、必ず約束を守るようにしてください。


布団をかぶる方法!


次に布団をかぶる方法もあります。

但し、この方法は、あまり効果がありません。

なので、遅い時間に吹くと迷惑になるということを覚えておきましょう。


車の中で吹く方法


もし、車が運転できて、近くに民家がないところがあるなら、車内で練習するのも1つの方法です。

車の中で吹いても、音はもれますので、場所選びは慎重に決める必要があります。

もちろん、苦情が入ったらすぐに謝ってくださいね。


カラオケやスタジオを借りる


金銭的に余裕があるなら、カラオケボックスや音楽スタジオを借りて練習をするのがベストです。

ここでは、音を出しても誰も文句は言われません。

ただ、時間の制限や費用がかかるのが最大のデメリットになります。


防音室の購入


本格的にブルースハープを自宅で練習したいと言う事であれば、防音室を購入する方法もあります。

防音室と言っても、簡易的な物もあるので、実際にどの程度の防音ができるのかを確認する必要があります。

絶対に音を漏らさないようにしたいなら、本格的な防音室に限ります。


ブルースハープは、音が大きいので、近所迷惑にならないためにも防音についてもよく考えるようにしましょう。